断酒

飲酒危険信号!やめれない

アルコール診断

お酒を3週間くらいは続けています。続けることは良いことということは言われますがこの飲酒習慣はそうはなりません。

現在の状態は、依存症ではないです。連続飲酒などの症状はないですし、依存症になった経験もありません。しかし自分はそういう傾向を持っていると思っています。

最近飲んだ翌朝には、あーあ飲まなければよかったわと思ってしまう。夕方になると今日はどうしようかななんて考えだしていそいそと買い出しに向かう。

こういう記事だって何度書いたか分からない。とりあえず残しておきたいのはこういうことだ。

酒って安いようで、安くない

酒のダメージも積み重なる

昨日の夜の自分と、朝の自分を戦わせたい

酒の金額は積み重なる

自分の飲酒量としては1晩に350ml×3缶くらいです。そうなると1050mlですね。

1缶120円だとして360円/日となります。1か月で10,800円のサブスクリプションか。結構高いですね。今計算して驚きました。

これは他のコトに使えれば・・・ということも中々現実的にありです。iPhoneを最新にしてみたいなことと同じです。

個人的には箱ティッシュを毎日買うのと同じくらいだと、思っています。それくらいばからしい出費でもあり、それでも箱ティッシュの方が有効性は高いともいえる。それくらいの扱いがお酒です。

それでも飲むんだよね。

健康面からみたお酒

こんな健康面がどうとかはもう体を壊さないと聞く耳を持たないことは承知の上です。一応適度な飲酒量は男性で純アルコール量が20g/日程度と言われています。

計算は下のように行います。

純アルコール量(g)=

      お酒の量(ml) × アルコール度数/100 ×0.8(アルコールの比重)

自分の場合は缶チューハイ(7~9%)を3缶なので、

350ml×9%×0.8×3缶=75.6gとなります。

かなりオーバーしていますね。この純アルコール量20gというのは結構厳しいです。ビールのロング缶を1本飲めば純アルコール量は20g行きます。

お酒飲みの人は一撃で適正量に達します。

日ごろお世話になっているサントリーさんの適正飲酒のページを見るとわかりやすいです。

積み重なるお酒のダメージ

これはずーっと飲んでいる人にはわからないです。一度やめて飲み始めると実感します。

かつてしばらく飲酒を控えていたんですがある日ストレスから飲んで、翌日しんどかった。休んでいる間にも体はアルコールを処理しているということと、眠りの浅さ、水分の不足などあまりいいことはありません。これはいつもだと酒の影響とは思いませんが、やめてみて翌朝の好調を感じるのもいいかもしれません。

その一回やめてみるというのが困難なのですが。

翌朝の自分と夜の自分

なんども思ってしまうのは翌朝の自分とゆうべの自分を会わせてやりたいといこと。

そうすればわかってくれると思うんですよね。酒のせいでよく眠れないかったとか諸々のダメージが来ているのが朝です。

そうなることを事前に知らせたい、告知したい。そう思っていても夕方にはそんな自分はどこへやら、また酒を買いに走るんですよ。どこかの漫画の無限ループみたいだよ。

やりたいことが無い、それも一因

酒を飲む理由なんて考えること自体意味ないんですけれど、特に夕方から夜なんてやりたいことは無いんですよ。いや本当はあるはずなんですが、夜はリラックスするものだと思い込んでいる。その時に酒があると楽しいということです。

じゃあ楽しみを他の物に置き換えれないのかというと、できなくはないでしょうね。例えば映画鑑賞とか。しかし酒は車運転とかシビアなケース以外は何のお供にもなるんですよ。

ディズニーシーだって酒が売っているくらいです。酒を引き離すのは容易ではありません。

考えれば考えるほど、飲みたくなる不思議な飲み物ですよね。自分も酒を造って売りたいくらいですよ。

やりたいことと一緒に酒が楽しめてしまうという酒の万能さがすごいね。すごい商品。そりゃ課税されるわけですわ。チューハイの場合は価格の1/3程度は酒税の様です。

病気の判定の前にはやめたい

酒をやめたいということを思う人は多いでしょう。何せメリットが多い。お金が浮く、体調がよくなる、車運転なんかの行動制限もなくなる。

いいことだらけのハズなんです。それでも飲んでしまう。依存症であれば病気ですが、そこまで行っていなくても病気なんだと思います。

飲酒習慣スクリーニングテスト(AUDIT)をやってみたら危険な飲酒群と出ました。

これをもってしてもあまり響くことはないですね。このアルコール依存症は否認の病ともいわれていて、自分で認めたがらない病気なんです。だから治療も体を壊してからスタートしてしまいます。現にこういうテスト結果をもってしても汗が出てきてゾッとするなんてことはないです。

健康診断なんかでこのテストをして、評価に反映とかされるようになれば少しは変わるかもしれないと思います。体を壊す前にはやめておきたい。

自分で絶てるのは鉄の意志がある人で、それを続けられるのはダイヤモンドの意志がある人だと思います。一進一退が続きます。

 

 

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。