断酒

機会飲酒、失敗しました。適量飲酒へ(汗)

ビール

機会飲酒を声高に叫んでいましたが、とある機会によって辞めました。

以前までは飲酒を特別体験に!ということで飲酒を特別なもの、ワクワクするもの!

という定義づけを自分の中で行ってきていました。

実際うまく行っていたと思います。かれこれ3ヶ月位続いていましたので。

ところがそうは行きません。心弱し。

酒席で酒の量が増える・・・

ワクワク楽しみにしていた飲み会や懇親会の席。お酒を飲めてとても嬉しいという感情が吹き上がります。これぞ特別体験。

もったいない感情ですごく飲んでしまうのですよ。本当に夢中で飲む。

これを逃したら次いつ飲めるのかな!とか思ってしまって。

自分が思い描いていた特別体験ではない事が増えていきました。酒がうまいのは変わらずなんですが、飲めるだけ飲んでおけというアホな意識が強く出てしまうんです。

酒に弱くなっている

酒が強くなるとかそういうことは無いのはわかっていますが、実際、普段飲んでいないと酔いの周りが早い気がします。

これは先の段のもったいない感情でピッチが早くなっていることも要因なのかもしれませんが、ちょっと記憶が・・・なんで事がまあまあありました。

自分に向いているのはどういう方法か?

結局自分という人の性格次第何だと思います。極端な性格な自分は飲むなら飲む、飲まないなら飲まないでイカないと行けない性格何でしょう。中間はやっぱり無い。

そう考えると今の仕事では飲まないという選択肢は正直難しい。

だとすると飲むという選択肢になってしまいました。弱い。

ただ適量飲酒は必要で、連続飲酒にはならぬように頑張る必要があります。

酒が趣味となってはいけません。

おわり

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。