断酒

宅飲みこそコスパが悪い!酒を特別体験へ

ビール

酒好きには魅惑のワード家飲み、宅飲み。
これは自分でも経験がありますが、本当に悪魔の言葉です。

酒は安くあがる、時間も無制限飲み放題。本当に始末の悪い物です。
もちろん上手く制限できる人は何の問題もありません。

我々みたいな酒にとらわれた人種であればこれこそが酒にはまる根源で、悪化させる材料となっています。

そんな宅飲みをやめて3ヶ月ほど経ちます。見えてきたことをまとめます。
結論から言うと、酒を日常から非日常へシフトして特別体験とすることがとっても大事と言うことです。

今は外飲みオンリー

以前は休日ともなるといつからの飲めるかが最大の興味ごとでうきうきして酒を待っていました。

いまは事情もあって外飲みオンリーで制限しています。!

ルールは簡単、家では一切アルコールを飲まない。但し外だったらOK。

コンビニの店前で飲んでも、お店で飲んでも大丈夫。ただ家ではだめ。それだけ。

これは自分で勝手に決めてみたルールです。まず気付くのは缶ゴミがめちゃくちゃ減ります。そこはメリットでは無いのですが。

外飲みのルールで見えてきたことを紹介します。

 

宅飲みのデメリット

宅飲みのメリットは数え切れないほどありますが、デメリットは案外考えていないこともありませんか?

実は時間という物がぽっかり抜けているんです。一回飲み始めてしまったら、夜までずーっと続くぼんやりタイム。これって生産性無いですよね。

とても楽しいのはわかります、酔いと言う物はどんどん酔いの奥地まで誘い込みます。
そして最後にはつぶれて、または寝てしまう。

こんな生活を送っていたこともあります。

今考えるとものすごい時間をロスって居ることに気づきます。夕方から飲み始めて、気付いたらいい時間で、後は寝る。

家族もその間はまともに話も聞いてくれないし、話しても覚えていないこともしばしば。
これって麻薬?って思いたくもなります。

一度やめてみると、時間ってものすごいありますよ。そこで勉強したり、しゃべったり、ドライブしたりとか、記憶に残ること出来ます。

すごい時間が奪われてしまいます。やっかいだなと思うことは酒の酔いって酒を飲み終わっても続いてしまう点です。

お菓子やジュースのようにあーおいしかったでは終わらない点を考えるとこわいです。

ただ酒をやめたわけでは無い

かくいう自分も酒をやめてはいません。仕事上で酒の席もありますし、酒は切れない間柄ではあります。

ただ酒は外でのむということを決めると、機会はずっと減ります。
そうなると、酒を飲むには自分から機会を作る様になります。

仕事で言うと接待とか今日どうですか?みたいなことをしないといけなくなりますよね。
これが自分は案外苦手でした。

でも酒が飲みたいなーと言うときに外のみのルールを思い出すと、誰かを誘って行くというスタイルになります。

それが自分の成長につながるような気もしています。

酒を特別体験にしたい

酒はコミュニケーションを円滑にする効果もあります。打ち解けるにはとても効果的です。
ですので飲酒を特別な体験にしたいとおもっています。

宅飲みのようなだらだら飲んでいるのもたまにはいいかもしれませんが、わくわく出来る酒体験をしていきたいと思っています。

実は酒のことをかなり調べました。酒自体はカラダに一切良くないと言うことも知っています。

ちょっと悪さをするような気分で特別な体験をする気分もわるくないです。

日常的にあった酒を、誰かと楽しむ、雰囲気を楽しむそんな体験にしたいと思い始めました。

日常的にありすぎると、酒の良さがわからなくなってしまいます。酔うこと自体が目的化してはもったいないです。

それを通じて、楽しみ合うことが本当のお酒の目的と思います。そうありたいですね。

ただ依存症などの疑いがある場合は本当に病院に言った方がいいです。コントロールできないと言う病気です。

さみしいようですが、酒は凶器にもなりますので、一線を超えてしまったらもう戻れないと思います。自分もそれは気をつけて酒とつきあっていかないと行けませんね。

おわり。

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。