断酒

お酒の始まりと終わりなき戦い

線路が続く絵

自分のお酒のプロフィールを振り返ってみることも大事なことなんだろうな。当然20歳からの飲酒歴ということだ。どの時点から酒に対して疑問を持ち始めたかを確認しておきたかった。

思い起こせば長らく酒に頼ってきた人生だった。これからやっとまともに向き合える、向き合わなければならないことになるとも言える。

まだ、アルコール依存症の予備軍である自分は幸いにも自分で決められる状態であると思う。ただいくらでも挫折できるし、後悔もできる可能性もはらんでいる。

酒を断つにせよ、何にせよ自分で決めるしかないわけです。(強気)

20歳からお酒に頼っていた

お酒は割と強い方だと思っている。飲めなくは無くて、ビールは嫌いだったけれど結構サワー系なんかずっと飲んでいた。

昔から酔うと陽気になる、楽しいとのことをよく言われていました。それは酒を始めた20歳からそういえばそうだった。素面では奥手な感じで、カラオケなんかも飲まないではできなかったな。

逆に飲めば楽しくてしょうがなかった。全能感みたいに誰とでも話せている感じだった。だから飲み会が大好きで、飲み会こそ全てみたいな感じだった。ブラックアウトするまで飲むことは無かったかな。このころは自宅で飲むということは無かった。あくまで一時の飲み会パーティでイベントみたいな感じ。

社会人になってから飲みが日常的に

社会人になってからは学生の頃は時折だった飲み会が結構な頻度で現れた。急に飲みに行くみたいなことだった多くなっていった。

飲み方も変わっていった。今まで付き合ってきた人たちよりもずいぶん年上とのやり取りが増えてきて仕事では結構つらかった。でも酒を飲めば違った。楽しく陽気に飲むことができた。

さらに飲みつぶれることも割とあったけれどそれが逆に印象付けられたりしてそこまで悪いことにはならなかった。そういう成功みたいな体験を重ねて酒が好きと思い、家でも飲むようになっていった。

その頃はウイスキーの銘柄とか飲み方やグラスをこだわってみたりして好き、興味があると言えたと思う。そういうこだわり時期を経て、ただ飲むことにとらわれていったことを覚えている。確かにウイスキーを調べるのは楽しかったし味もバラエティーに富んでいて飲み比べもたくさんした。

思えばこれが酒を楽しめていた最長期だったんだろう。

そうこうしている間に平日は毎日缶チューハイを2缶(500ml×2)、休みの日は夕方から同じように飲んで、足りなくなれば買いに行くこともよくやっていたな。

社会人の飲酒習慣は徐々に掛け違いへ

そんな社会人生活を続けていると、馬鹿みたいにブラックアウトまで飲む飲み会とそうではない軽いものなんかもあった。とはいっても、酒に頼って陽気になるキャラは相変わらずでそれが取りえみたいになっていった。自分もそれが能力とばかり思いこんでいた。

幸いお客さんに迷惑をかけるということは無かったと思うけれど、乗り過ごしや記憶なしなんかもたまにやってしまっていた。

最後は楽しかった、またやりましょうみたいな感じで、やっぱり大丈夫だったなとおもっていた。だから飲み会は本当に楽しみで仕方がなかった。

家飲みが徐々にパワーアップ

仕事のみが増えるとともに家のみも、負けず劣らずやっていた。平日は変わらず缶チューハイ2本で、休みは夕方からだらだらと飲み始めて馬鹿みたいに携帯とかテレビを見ながらうとうとして眠りにつく。

飲む量というか飲もう飲もうとするマインドが恐ろしくて、いつから飲もうかを午前中からずーっと考えている状態。自分的には5時からOKだけれど、我慢できずに4時になってしまったりとか多々あり。早く飲めば早く終わるかと言えば、それは酒飲みではありえない事なのはわかっていると思います。

追加で買いにくことになります。素面なふりをしてコンビニやらスーパーまでてくてくと歩いて追加を買っていたな。

このころからもう銘柄なんかよりもアルコール度数に目移りしていて酔うことそのものが目的化していた。要するに休日は年を追うごとに迫りくる現実問題をアルコールで紛らわせて、休みが明ければ忙しい日常でさらに目をそらせているということだったんでしょう。

あれ、酒をやめられん?と思ったとき

そんなこんなアルコールを日常的に飲んでいて、体は壊さなかったし仕事も普通にできていた。でもおかしいと思ったところはあった。

酒がやめられないのだ。いわゆる連続飲酒なるものではなくて、毎日の飲酒がやめられない。一日の量は多い少ないはあれど止めれてはいた。

しかし習慣を崩せなかった。それは風邪をひいた時だった。

風邪薬の中で解熱剤などは特に酒とは飲んでいけないものがある。その薬を飲まなかったのだ。薬の説明書に酒とは飲まないでくれと書いてある薬だけ飲まずに、酒を飲んでいた。

これは自分でも驚いたけれど、冷静だった。酒が飲めないなら薬を飲まなければいいじゃんときわめて冷静に判断した。その薬は今でも残っている。(飲む必要がなくなったわけだけど)

これが一つのきっかけだった。さらに言えば酒がお財布に優しくないこともあって少し見直さねばとなったわけです。

なんかやめれた

そんな風邪の時も酒をやめられないなんて、異常に決まっています。頭おかしいよ。でもこれによってアルコール依存症の怖さを思い知ったと言えます。自分はおそらくアルコール依存症ではないけれど、予備軍ではあろうと思っていた。

しかし毎日の習慣をやめるのは案外簡単だった。やめようやめようと思えば思うほど恋心は募っていくから、帰り道なんかは音楽を聴きながら惑わしてスーパーによらずに家に帰れば意外なほど酒を飲まなくてもよくなった。

どういう頭の構造かわからないがやめることができた。それでも酒の代わりにアイスだとかお菓子で代替することもあったけれどどうにか酒を買わずにやめれている。

これは酒が嫌いになったわけでは無くて、酒は毒であるということを知ったからだ。いろいろな説もあるけれど単純に体にとって一つもないということだ。少なくとも身体にとっては。

そこでブレーキを掛けられることができて良かったと思うけれど、いまはまだ誘惑が少ないからであってこの先大きな決断をせまられるね。仕事で飲むのか飲まないのか・・・。それが不安でしょうがない。

酒との戦いは終わらない

つらい話ではあるが、もう酒と上手に付き合うことはできないと思っている。たとえ一回の飲み会を軽く飲んで終わったとしても、翌日酒を買うことを止められないと信じている。

酒の効用(高揚)を知ってしまうとこれに頼るほかない。病気の時の薬みたいに。

だから世の中に知ってほしいのは酒を飲まないという選択があるということだ。世の中にはタバコを吸う人・吸わない人、新聞を取る人・取らない人という様に選択することに対して強要や期待をしないでほしい。

かつて昔はそうであっても、変わることを認めてほしい。本当に個人的な思い。なぜなら昔は酒を飲まない人はつまらん人だと思っていた。どうして飲まないの?俺の楽しみにどうして飲まないの?真剣に思っていた。人には人の楽しみがある。

飲み会が苦痛だということも今になってわかってきた。飲まないのに一晩中付き合うのは本当に馬鹿らしいでしょうね。

逆の立場になるとわかることって本当に多いですね。酒との戦い、つまり自分の心と周りへの雰囲気との戦いということになるわ。嫌われる勇気みたいなことですね。

自分の決断でしか変わらない。人も変えられない。

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。