SOYJOY

1本満足バープロテインブラックの超高性能・糖質5g

一本満足バープロテインシリーズに新たな商品が投入されました。早速スペックを見たいと思います。取り急ぎ言いたいことは糖質が5gだということです。それが全てです。That’s all.

その前に、この頃はたんぱく質の配合量を猛烈にプッシュしたプロテインバーがよく出ました。inバープロテインスーパー(森永製菓)は20g、プロテインバーシリアルチョコ(トップバリュー)は25g。

その中でアサヒグループ食品は沈黙を守り、逆に一本満足バープロテインシリーズに新味のストロベリー(たんぱく質は15g)、プロテインランシリーズにベイクドバナナなどを投入しバリエーションを広げていました。あえて?(プロテインシリーズの)たんぱく質15gというラインは崩さずに牙城を守っているようにも思えました。

そこで今回の新味登場です。味というか一本満足バープロテインシリーズの最高スペックとなりそうです。

糖質が5g(最高に低い)

たんぱく質はいつも通り15g

たんぱく質、糖質にムラがある

糖質が5g、高性能一本満足バー

このプロテインバーを見渡して糖質が5gというのは他にありません。inバープロテインベイクドビターが糖質6gです。今まではこれが最低でした。(自分調べです)

今回は5gというのはこのinバープロテインを意識した容量だということはわかります。

ここが最大で長所でありもう他の情報はいらないかもしれませんね。

ターゲットはたんぱく質を取りながらも糖質についても気にしている人たち。これっていわゆるムキムキ鍛える人々ではなくて、普段の生活でダイエットしたい人や糖質制限ダイエットを行っている人たち向けだと思います。

この栄養調整食品を手に取る時点で多少は食事とか糖質を気にしているはずです。なにも気にしない人は小腹すくとお菓子とかパンを食べていませんか?

アンケートなぞ取っているかはわかりませんが、抑えるところでは抑えたいというのが糖質ですし、それが今の潮流なんだと思います。

たんぱく質は15gとなっています。これは一本満足バープロテインの基本スペックですので珍しいことではありません。

気になるのはムラ

一本満足バープロテインブラックの主要成分です。↓

容量 39g
エネルギー 185g
脂質 9.3g
たんぱく質 15g
炭水化物 10g
-糖質 2~5g
-食物繊維 4~9g

糖質が2~5g、食物繊維が4~9gとなっていますね。この表記は「栄養成分表示最大値」を表記しているとパッケージに書いてあります。

だから一本満足バープロテインブラックものによっては糖質が2gだったり、食物繊維が9g含まれることがあるということです。

それは原材料のバラツキや経時変化や(収穫時期等)や製法等の理由で成分値の変動がある場合は上限と下限を表記することとなっているようです。だから少し幅を持たせているわけですね。それでも糖質が5g以下ということには変わらないです。

よくわからないのは炭水化物の量

炭水化物の量は10gとなっていますね。炭水化物は糖質+食物繊維の合計値、つまり

炭水化物量≒糖質+食物繊維

という式で計算されています。

そうなると炭水化物が10g固定で、食物繊維が9gであった場合は糖質は1gになりませんかね?

炭水化物量10gー食物繊維(9g)=糖質(1g)??

でもそうはならないのは成分表が語っています。糖質は2~5gとなっていますからね。

この辺りはどうでもいいような気もしますけれど、気になる。それができれば糖質1gという最強の一本満足バープロテインができるのに!と思います。

ともかくですが当たりが出れば糖質2gの一本満足バープロテインが食べられるということには変わりありません。

味が変わるわけもなく、ゆえにわかるわけがないんですがちょっと楽しみな一面としてとらえましょう。

どこにも売っていない・・。家の周りのドラックストア回ったけれど売り切れどころか売っていすらいない。食べたいのに!

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。