男の肌ケア

紫外線UV-A・UV-B・UV-Cについて簡単に

シャボン玉

太陽光で地球に届いているのは3つ、可視光と赤外線、紫外線です。

この紫外線が人体に多様な影響を及ぼしています。

紫外線のなかでもその波長によってさらに3つに分かれます。

それがUV-A、UV-B、UV-Cです。それぞれの特徴を掴むことでどう紫外線対策に繋げられるかを理解しやすくなると思います。

地上に届く組成

紫外線はなんと全体の6%、赤外線が42%、可視光が52%となっています。

紫外線紫外線カット!と言っているのはこの6%に向けていっているんです。

そう考えればたった6%でもここまで対策を求められるくらいに作用が強いんですね。

その6%のなかでもUVAは5〜6%、UVBは約0.2%程度になっています。割合はこのようにアンバランスなんです。

ちなみにUVCもありますがこれは地球には届いていません。UVCカットがないのはそういうわけです。

オゾン層との関連

地球を覆っているオゾン層がこの紫外線に対して作用しています。

ただしオゾン層が影響しているのはUV-BとUV-Cだけです。UV-Cについてはオゾン層で完全に遮断されており、地上には届いていません。

一方でUV-Bはオゾン層で一定程度遮断されますが、オゾン層破壊されるとUV-Bは増加してしまいます。オゾンホールなどでは地上に届くUV-Bは増加してしまいます。

UV-Aについてはオゾン層の影響はなく一定程度届きます。

また窓ガラスの透過性についてはUV-Aは透過せず、UV-B、UV-Cは窓ガラスで透過しません。

人体への影響は

UV-CはDNA損傷反応があります。そもそもUV-Cは地上に届かないのでここでは無視します。

UV-Aはシミやたるみの原因になります。そしいて即時黒化、黒化増強を黒くしてしまう作用があります。UV-BにはビタミンD3生成、DNA損傷反応、日焼け、皮膚がん、良性腫瘍、結核膜炎、白内障、翼状片があります。

UV-AとUV-Bともに光過敏症、免疫機能低下、しみ・しわの影響があります。こう見てみると良い影響もありますが、ほとんどが悪影響と言えます。

またビタミンD3生成に必要な太陽UV-B量は1日15分程度の散歩で得られるとされています。これをみるとあえて太陽にあたる必要は少なく、一般的な活動でことが足りてしまいます。

まとめ

ものすごく簡単に説明しました。これは「太陽紫外線と上手につきあう方法」(丸善巣出版 佐々木 政子著 2015年)を参考にしています。とても分かりやすい本で参考になります。

紫外線は3種類あり、その内2つが地上に降り注いでいます。そしてどちらも人体に良い悪いは別にして影響を与えています。その影響があるからこそ哺乳類が発達したともいえる反面、深刻なダメージを与えうるものでもあります。

なおさら紫外線との付き合い方を考えていく必要があると思います。これからも色々な情報を書いていきます。

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。