仕事

アスリートも会社員と同じなのか?

スポーツ選手たちの葛藤。このオリンピックはオリンピックに対する人々の印象を変えて、さらにはアスリートたちの置かれた環境がよりわかってきたと感じています。

ここまで開催について議論が沸いた大会はあったでしょうか。なんとしてでも開催したいIOCはじめ主催者側。開催に疑問を持つ野党を中心とした人たち。スポーツとは直接関係のない医師たちも開催に疑問を持っている報道もいくつかされていましたね。

一方であまり目にしないのはアスリートたちの声ではなかったかと思います。彼らはやれることをやる、準備をしっかりやるというコメントは聞こえてきましたが開催について積極的に実施だ、反対だ、延期だということに言及した人がいたのでしょうか。

ここでは綿密に調べていないのでいたのかもしれません。もしいたとしてもアスリート側からの大きな主張というものは見聞きしなかったと思います。

そして大会は始まりました。めでたくも金メダルを獲得していくアスリート達も出てきて、メディアを賑わせています。しかしながら手放しで喜べない自分がいます。

それは喜ぶ選手たちの姿がとても自分には伝わってこないからなのでしょう。どこか不謹慎な大会であるからという雰囲気、、、わかりますでしょうか。

アスリートたちは純粋無垢な人であると印象を付けられて、このコロナの影響の被害者であり、逆境をはねのけるヒーローとして映っているように思えました。

それはスポーツというものが感動を生み、人々の連帯を生むという効果が勝手にあるというミッションを負わされているからなのかな。

非常にまとまらないけれど、アスリートはもっとオリンピックをやりたいということを主張しても良かったのではないかなと思います。もしくは延期したいということも。今のまま開催して、出場してもなんとなく後ろめたいものがあるのかなと思います。

たとえて言えばちょっとした法律すれすれの行為みたいな感じなのか、会社の上司に指示されてやってきました!というような印象。(ひどい例えしか思いつかない)

アスリートたちを責められるものではありません。彼らだって生活が懸かっているわけだし、だからこそ、オリンピックをやりたいと言ってほしかったなと思います。自分は一観客にすぎませんが、あまり応援が素直にできない状況です。

どこか上司の決めた一番大きい大会に選ばれたから、ちゃんと準備はします、成果を出しますというように思えてしまいます。それって自分たちの会社員と同じでは?と思ってしまう?気づいてしまう?ことがつらいのかも知れません。

勝手にアスリートの純粋さ、スポーツの勝手な印象を押し付けていたのは自分だったのかなとも思います。

そうなると、コロナの影響の多い飲食、観光の経営者達とアスリート達を同等に扱うことが本来必要なのかもしれません。そこを調整するのが政治であったのかなと思います。

アスリートには口を開かせず、純粋さを武器に頑張っている人がいるからという理由、スポーツは感動するからという人ではなく漠然とした概念で決めてしまっていたのかな。

実際は飲食もスポーツも人がやるものであるから同じような主張があるはずだし、そこを調整できればよかったかなと思います。日本選手団の団長からも「力を全部出す」というコメントをしている。

これは少しずるいなとも思った、自分たちの都合の良い方向に動いているときにはその流れを邪魔しないようにしているんだなと。しかしこれは自分たちに置き換えればそうなるわなと、自分に向いている風をあえてそらすことはしないだろう。あえてその正しさを上書きすれば反対派から標的にされてしまいますし。

一方で飲食店なんかには助成金などを支給し、何とか営業をとどまってもらうことが行われている。逆にアスリート達にも助成金なんかを配布して我慢をしてもらうという方法もあったのかなとか思う。

素直にオリンピックを応援できない理由を書きました。そして自分が自分の意見を主張できないうっぷんをアスリートたちにぶつけていることも段々恥ずかしくなってきました。

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。