仕事

またしても、イライラ上司がつらし

上司の話。何度目でしょうか。いったんは踏みとどまったけれど、もうなんかつらくなる。それが原動力に何かを頑張れると言えば聞こえはいいけれど。

多分だけれど人を少し馬鹿にするのが趣味なんだろうなと思う。

そしてそれにむきになって抵抗しようとしているのが自分。なんだろうとも思う。どっちもどっちだな。結論は仕事やめたいくらいイヤな状態だ。

自分は思った以上に精神的に弱いと思った。頭は真っ白になるし、一瞬遠くなる。しゃべればしゃべるほど揚げ足を取られる。それにむきになって、繰り返しだ。

多分相手はそれを楽しんでいると思う。無自覚にそうやってしまう天然ものだから本人は何の罪悪感はないだろうな。

とここまでは愚痴です。ちょっと整理してみる必要があると思います。

彼(上司)は誰にでもそうなのか?

自分自身は正しいの?

ちょっと主観的に、感情的に語りすぎている気もするから少し冷静になって分析してみる。

上司自身は誰にでもそう?

誰にでもそう?とは誰にでも揚げ足取り、少し馬鹿にしたような物言いをしているか、ということ。答えは基本そう。

もちろん上司の上司や他の部署の人にはそういう態度をすることは無い。

スタンスは彼自身のキャリアも相当にあるわけで自分の課の未熟な若造たちの面倒を見ているというようなスタンスだと思います。ゆえに自分の経験に照らして違うところは、半笑いで諭すような感じです。

そんな彼自身は一担当であったころには熱心にやっていたという自負があるのだと思います。それが今の自分や他のメンバには当てはまらない事が少し不愉快なのかもしれません。

とにかく管理したがる性質であるということは間違いない。

自分はどうか?

つらいつらいと言いながら、上司が良くないようなことを書いている。では他のメンバはどうなのか。結論みんなイヤとは言っている。これは確かだ。

しかし自分自身劣っていることだってやはりある。これを殊更にあげつらわれるのはつらいんだけれど、一方でそれを言ってくれるということは案外稀有な話でもあるのかもしれない。

褒めて褒めてという潮流はあるけれど、ちゃんと言ってくれないというのは本人にとっても良くない。まぁ言い方という物はあるけれど。

だからこう考えるしかない。

「指摘ありがとうございます!(言い方に性格悪さが出てますよ。)」

対処法はしゃべりすぎない事

自分も答えに窮したときに、うまくやろうとしてしまうことが実際はNGなんだろう。もうしゃべらないことが大事だ。対処法は対処する側つまり自分に合った方法がまずは必要だ。

彼はあえてしゃべらせておいて突っ込みどころを見つけ出して詰めていく。以前にも言われたことがあるんだけど、お前を見ていると歯がゆい(部活の監督)、覇気がない(奥さん)との指摘を人生ではもらっている自分。

それはいまでも特性として備わっているのでしょうな。確かに恋愛ドラマなんかのなよなよなキャラクターを見ているとイライラしてしまう。そういうことなんだろうか。

しかし、そもそも自分が相当にできていないことが問題であってその上司はその次であるということは自覚せねばならん。極端に自分にだけハードルを上げている(いい意味では全くなく)気がする。

切れる、は絶対だめ

いつかふと我を失って怒り狂ってしまわぬようにしないといけない。そうなったらこっちが終わりだ。あくまでガードしながら距離を保つに限る。前進は今は得策ではない。自分の体もちょっとそれはキツイよ。

酒の席というのはまだ経験が無いからわからないけど、酒の席でもこんなかんじだったら本当にムカついてしまう気がする。宴会はできるだけなしでお願いします。

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。