糖質制限

(糖質制限に向けて)食事をルール化する!

たまごパック

糖質制限ダイエットやっていると当たり前ですけど、食事にこだわらざるを得ません。

これの糖質は?タンパク質は豊富か?とかね。これは当たり前です。それが逆に楽しかったりすることもありますよね。意外な食品が糖質が低かったり、逆に高!ってなることも楽しいです。

そんなことをしばらく続けていく、といか突き詰めていくとある程度妥協しないと続けられない事がわかっています。トップアスリートでもなければ、強い目標があるわけでもない自分がそのマインドで続けていくのはちょっと無理があります。

そこで食事に対する意識を変えるってことが必要になって来ます。どちらかというと食事に対する態度を決める必要があるということでしょうか。

食事を楽しむか、栄養補給の手段として割り切るか。こういうことだと思います。

食事を考えずにルール化することでストレスなく栄養補給することを目指すようになりました。

食事ってめんどくさくない?

たまに思います。食べることが面倒になること。特に昼はそういうことを強く思います。

ただそれも種類があって、食事の時間が12時からってなんとなく決まっていて、強制的に食べる時間が割り当てられている感じがして嫌ってこともあります。好きなタイミングで食べさせてくれよってね。

それと食べるのは全然構わないけど、何を食べるのかを考えるのが面倒なこと。自分はどちらかというと後者の考え方が強いです。(両方持っているのは持っています)

糖質制限をしていると尚の事

糖質制限をしていると、何を食べるのかを考えるのが非常に難しい。世の中の昼食とかいわゆる食事として提供されるものはとにかく炭水化物が多い、塊と言っていい。

だから食べるのを選ぶのがとても難しくなって、次にとてもストレスになる。これは本当。自分も外出していて、あれでもないこれでもないとウロウロした挙げ句、ソイジョイになるなんてことはよくあります。そういう時って苦しい。

逆に糖質の高いものを食べてしまったら嫌だなーとか損だな-とか本当に思っていました。

今は食事は栄養補給の手段

今自分は食事は栄養補給の手段と割り切っています。もちろん食べるのは好きだけど、グルメではない。腹を満たすことのほうが好きな感じですね。

どうせ食べるなら美味しいものをという思想もいいですけど、どうせ食べるなら何でもいいわという考え方です。だからもう何を食べるのかほぼ決めるようにしています。

朝ごはんはゆで卵とキャベツ。これはこのまま行けそう。で昼ごはんは基本無し。もし腹が減ったらクリーム玄米ブランかGABAっていチョコレート。ここまでは本当にこんな状態。(平日の話です。)

そして夜ごはんは流石に奥さんたちと食べるからここは自分で選ぶということはそもそもない。食事を選ぶストレスから徐々に開放されるようにしている。

選ぶというのは相当なストレス

自分にとっては選ぶということは相当なストレスになっているのは分かっていました。もちろん好きなことであれば苦にはならないですけど、好きでも嫌いでもないものを選ぶのは本当にストレスなんです。

優柔不断ということなんでしょうね。この選択をしないということは割に最近では言われていて、スティーブ・ジョブズとかザッカーバーグとかは同じ服を常に着用しているとか言われますよね。これって本当にそうだと思いました。

毎日服も来なければいけませんけれど、服好きでもない人に取ってはそれって知らずしらずストレスになっている可能性があります。

だから決まりを作ってそれに従っていけばそのストレスはなくなります。なので食事以外のことについても色々そういうルールがあれば精神的に楽になる一歩になります。

ぜひ一度ルール作りを考えてみてはどうでしょうか。

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。