糖質制限

体が軽くなることのメリット

キャベツの写真

糖質制限ダイエットなり、食事制限なり、色々とやってみて今体が軽い状態です。

体が多少は引き締まってきていて良かったなぁと思うこともあります。

そこを少し書いておこうと思います。

あまり服を選ばなくなる

好き嫌いは当然ありますが、Tシャツなどのシンプルな服も割と切れると思います。(あくまで自己評価)。体がダラつくとTシャツはちょっと似合わなくなるものですが、そこがまだイケる。

だから特に装飾のあるものではなくて、ユニクロとか無印とかのシンプルな服で間に合わせられます。

だらけた体をキレイに見せようとするとやっぱり技術がいります。それは縫製の技術だったり、型紙の複雑さだったりとコストに跳ね返ってきます。そこは気にしないのでいいところかな。

これは個人の問題ですから、気にせず何でも来ても文句の一つもありません。

あ、これだけだったかも。

困ったことは次のこと。

スーツのサイズが合わない

スーツのサイズがかなり合わなくなりました。ジャケットはともかくスラックスがかなり合わない。

もちろんベルトでとめて来れるんですけどあまりに、ぶかぶか。ウエストはともかく太もも周りが不事前に布が余っている。かと言ってすぐに買い換えられるほど安いものでもないし。これは困った。

人から心配される

痩せると人から心配されます。太っても心配されません。痩せる=病気、もしくは病んでいると思うんでしょうね。

心配してくれているからいいんですけど、無理やり食べろとかそういうことを言われるのは嫌ですね。コントロールして制限しているわけですし。

まぁここはなれで、この状態が普通になれば何も言われなくなるものです。

健康であることは忘れてはいけない

第一の条件として、すっとしても健康であることは忘れてはいけないです。何かを患ってまで細くなる必要はないです。

体重が減るのが楽しみになって頑張って食事をしないようにしていたこともありましたが、そうすると本当に調子が悪くなります。手がしびれたり、体がフラフラしたりして体をコントロールできません。

だから最低限の量は取っていかないといけません。

ただら今は食事はこんな感じ。

ゆで卵とキャベツ

食事を選ぶのが割とストレスになるタイプなので、朝は基本これにしています。まだはじめて少しですが。

卵は完全栄養食と言われており万能な食品です。ただビタミンCと食物繊維が含まれていません。それをキャベツで補っています。

キャベツは千切りにしておいて(もしくは千切りを買って)、生で食べたり、炒めたりしております。

キャベツは割とボリュームが出ますので食べた気になります。それで朝ごはんは終わり。これで必要なぶんは取れているのかわかりませんが、間違ってはいないはず。

迷うのが嫌でこれを続けています。昼と夜はバラバラで好きなようにしています。(昼は基本食べないですが)。

まとめると

健康であることを続けながらキープできるかが大事ですね。

一時的になることは出来るかも知れませんが、キープするのがとても難しいですね。年々年もとっていますし、体も変わっていきます。そこに気づいて筋トレとかメニューも変える必要があります。

ちゃんと体重を測りながら気付けるようにしたいですね。

 

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。