糖質制限

クリーム玄米ブラン・・・この世界の覇者?

クリーム玄米ブランカカオ

栄養補助食品の数ある商品群の中でどこでも見かけてかつ種類も豊富なものと言えばクリーム玄米ブランです。

他にはソイジョイやウイダーインバー、一本満足バー、カロリーメイトもたくさんございます。ただその中でコスト、内容量で圧倒的なのはクリーム玄米ブランでしょう。

この栄養補助食品で一食かわそうとすると必然的に糖質ももちろんですが、量の問題も無視はできません。そうするとクリーム玄米ブランの順番もいつかは回ってくるものです。

今日は一本満足バーだけれども、クリーム玄米ブランを食べた後だと少し物足りないということもあるかもしれません。

そんなクリーム玄米ブランを再度紹介します。空腹感と糖質を天秤にかけてたまには悪くありません。

内容量が多い

内容量が多いことが正義ではありません。あくまで糖質が勝負なんですが、普通にうどんやラーメン、定食を食べることに比べればこの差はあまり気にならないはず。

量ですがクリーム玄米ブランは内容量72g(2枚×2個包装)となっています。ライバル?のカロリーメイトは4本で80gとなっております。これだけ見れば量はわずかに負けています。

しかしながらソイジョイは30g、一本満足バープロテインランシリーズは39g、インバープロテインは45g前後となっております。それと比べるとずいぶんと量が多いですね。

そして何より2枚1袋の個別梱包になっていることがいいところです。カロリーメイトも同様に2本1袋ですね。

価格はナンバーワン

そして価格です。地味にこの栄養補助食品は安いようで高い気がしています。大体100~150円前後でほとんど購入可能ですが、コンビニのおにぎりやパンだってそれくらいで買えるわけですよね。

そのなかでもこのクリーム玄米ブランは薬局によっては100円を切ることもあります。いろいろと出回っている○○%OFFクーポンなんかも使えばもっと安くなります。

ソイジョイも100円、カロリーメイトも100数十円。

クリーム玄米ブラン<ソイジョイ<インバープロテイン≦カロリーメイト・一本満足バーという感じでしょうか。

とにかくクリーム玄米ブランは安いことが特徴です。

糖質は目をつむって

一方で糖質は栄養補助食品の中では多めな方。量が多いこともありますが、カカオ味の場合は34g(17g×2袋)になっています。ソイジョイは少ないと5g台ととても少ないですよね。

ライバルのカロリーメイトはチョコレート味で40.7g(4本で)となっていますのでカロリーメイトと比べると、量は少ない分糖質も少ないとも言えます。

先も書きましたが、普通にご飯を食べることと比べれば全然少なく済みますのでこれはこれでそこまで気にすることは無いのかなと思います。

が糖質を刻む方には頻繁にとることは避けた方がいいですよね。

またショートニング、砂糖などの成分ももちろん含まれていますのでそこも気を付ける必要があります。

空腹時やコスト重視の時はぜひ

毎日のことにはできませんが、特に今日は空腹になっているなどの時には糖質に目をつぶってクリーム玄米ブランもいかがでしょうか。

小分けになっているので、昼に1袋、夕方に1袋という分割食べができることも内容量が多い製品の良いところですね。

 

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。