自閉症スペクトラム(ASD)

療育での課題

療育での現在のやり取り・・・子供は前の療育の時にこってり先生に指導されていたらしい。親の言うことを聞くこと、買い物先で走り回ってしまうこと、父親をたたくこと。私たちにはそして家の中の様子と、幼稚園での様子の違いが離れすぎていることも指摘されました。

今必要なのは親の言うことをしっかり実行させること。子どもはいつでもどこでも遊びモードが抜けていない。お風呂の中でも、出た後でも遊んでいる。これは私たちが許してしまっている。このくらいの子供って風呂は自分で体洗うのかな?

我々が今体を洗ってあげているから彼は遊び放題で遊びの合間を縫って洗っている。こういうのも良くないんだろうな。

他の子供がどうなっているのかわからないから比べられないけれど、自分でできることを増やすというのは様々なポイントで出てくるし、いくらでも取り組めるということでもある。

幼稚園と家での違いについて

幼稚園では基本は一人で突っ立っていることも多いようで、遊ぶにしても一人で遊んだって本人も言っている。これ自体はまあいいんだけれど、家に変えれば大変身。

やりたい放題で、よく話すし一緒に遊ぼう!というやり取りだっておおい。療育の先生にいわせると家が発散の場所になっているとのこと。それ自体はいいけど、家以外でも発散できるようにならないと今後、暴力とか手に負えないことにもなるかもしれないという。

ゾッとする話にしか聞こえない。今でさえかなりの力で、抑え込んでるのにこれ以上力がつくようになれば、文字通り手に負えない。じゃあどうすればいいの?

外で発散、家でも発散できるようなバランスよく感情を出させないとそうなるのかなと思う。そして言うことを聞かせる。これが最大に難しい。

いま有効なのはオバケが出るからという脅しみたいなやり方。これは今の所しかないしな。

多分これは小さいときからの生活リズムが功を奏するところなんだろうと思う。そのためには親がきちんとした生活リズムがある必要がある。うちは?そんなのは全くなかったから中々根付かず。後悔。

ともかく課題はより難しくなっていき、親は焦っています。

他の子供ともっと触れ合わせてあげたいと思う反面、トラブルが起こるかもというおそれもあって、外にあまり出ないという繰り返し。親の度胸みたいなのが試されるのでしょうか。

そして気になることが増えてきています。

最近のすこしウソをつくようになってきたのが気になっている。問い詰めれば吐くのだけど。可愛い嘘ではなくて、自分がやってしまったと思うものを隠すためのウソ。この前もおしっこを廊下にしてて、水だと言って隠していたし。(多分トイレが怖くて行けなかった)

すこしネットで「自閉症 暴力 ウソ」と調べると目も当てられない悲痛の声がたくさんある。もちろんすべてが事実かはわからないけど、パラリンピックに出るような自閉症の方は一握り。多くの人が悩みに悩んでいるようだ。そういう状況をみると切ないし、どうすればよかったのだろう?と思わざるを得ない。

調べるのも限度がありますよね。目の前のことに集中しないと。

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。