自閉症スペクトラム(ASD)

今後の進路はどうなるんだろう?

シャボン玉

教育とか学習とか今は幼稚園で本読んだり駆け回ったりするのが仕事だけれども、徐々に学習が始まることに若干恐怖心というか不安を覚えている。

簡単に言うと軽い知的な遅れというのがどの程度なのか、通常学級で行けるのか、それとも通級とか特別支援学級や特別支援学校なんかもある。なるようにしかならないのは分かっているけれど。

そのうちくる先生との診断結果を聞けば自ずと先は見えてくるのはそうなんだけど。
まだ希望みたいのをもっている自分がいることを否定できない。

その子に適したところへが基本

親の心の安定のために普通学級にいれても、負荷がかかるのは子供本人だし、それによって二次障害が引き起こされてしまうのはもっと辛い。だから進むのに必要なところに進むしかない。

本によると本人の能力(学習とかいろいろな)と同じよりも、一段下がったところのほうが◎と書いてあった。本人ができるだけ楽、負担が少ないようなところが良いみたい。根本的に成長過程や扱い方は定型発達とは別なんだよな。

こういう場合は、「普通」ひとつ上のレベルに挑戦!みたいな話はよく聞くけど、それは定型発達の話で、そうではない場合は考え方は異なるんだな。

だから自分たちが考えている成長過程や社会的立場の変化シミュレーションは全く役に立たないし、変に邪魔してしまうこともあるんだろうな。
ゼロベースで考えたり、先人たちの経験を参考にしていくことが大事なんだろう。

考えれば考えるほど不安が・・・

自閉症スペクトラムの本は数冊読んだんだけど、知的な遅れについてはあまり掘り下げられていない。

自閉症スペクトラムというのは他人とのコミュニケーションが困難であることと、ものへのこだわりが独特という2大特性がまずあってそれに併発してADHDやLD、知的な遅れが伴うことがあるという説明がされている。

ADHDやLDはそこそこの説明があるんだけれど、知的な遅れについてはほとんど記述がないのが不思議なんだよな。文字通りに知的な遅れ!ってことなんだろうか?わからない。

勝手に想像は進んでどういう種類かは別にして、義務教育とか高校とかを卒業してその後はどういうルートなんだろうか?
もう希望的観測で良いように解釈はしないようにしているけれどわからないものには不安はつきものだ。よく聞いて、調べてみないとならないね。

やっぱりコミュニケーションは苦手

本で読む症状は当たるのもあるし、全く関係ないのだってあるそれほど多種多様なんだ。自閉症スペクトラムは症状が様々で人によって強弱もあるから、この子を見て対応しないとなりません。一般的にこうだよというのは言えないのがちょっと難しいところ。

たまたま我が子の療育の連絡ノートを見たけど、やっぱり自分が見ている子供は本当に一部だなと思った。実際は知らないことも喋っていたし、いろいろな感情や他のことの関わりが少しだけだけど分かった。

印象的なのは友達とのかかわり合いがやっぱり苦手なんだな。体を使った追いかけっこは得意?なんだけどそこから会話を使ったやり取りはまだうまくできないみたい。

一緒に駆け回っていた子が「帰ろう」と言っていたけれど、それを無視?なのかわからないけど無反応で遊び続けて、その子は先に帰ってしまった見たい。
自閉症スペクトラムの特性の一つだよな。。。分かってはいるけど改めて確認して、やっぱり自閉症スペクトラムなんだなと再認識した。

自分みたいな休みしか子供と触れ合わないタイプだと、他の子との比較ができないから我が子が普通になる。だからか我が子が自閉症スペクトラムという特性を持っていることが頭から抜けているんだろうな。逆に奥さんはちゃんと分かっていると思う。

こういうことが、不適な育て方をしてしまう原因なのかもなとも思ってしまう。育て方はその子の特性に合わせないとダメ。それは覚えておこう。

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。