自閉症スペクトラム(ASD)

こどもの成長と世間と

シャボン玉

ちょうどさっき感じたものが成長なのかもともとなのかはわかりませんが。

ASDのこども(4歳)が最近プラレールをつくて遊ぶことが多い。一人で遊んでくれているからあんまりこっちが関わることもないのですが、たまに部品探しとか色々と参加することがあります。

遊び方も独特で、電車を走らせることはあんまりない。
とにかくレールのレイアウトが好きみたいで独特な感じが多いと思う。少なくとも自分が昔遊んでいたやり方とは違う。そんなプラレールでちょっと成長(?)みたいなものを見れたので記録したいとおもい打ち込みました。

プラレールの独特な感じが遊び方

プラレールは基本循環するレイアウトじゃないですか。グルグル回ってあそぶ。

それとは違ってくねくね走らせて始点と終点がある。もしかしたら循環させるレイアウトが苦手なのかもしれないけど。

今回は今日ばっかりは頑張ったなと思ったことが。文字だけで伝えられないので、簡単に言うと複線曲線レールを普通の単線曲線レールで上手につなげたってこと。

意味不ですね。プラレールをやっていないと全くわからないと思いますが、簡単に言うと複線曲線レールという割と特殊なレールは複線レール同士でないとつながらない(長さとかの理由で)のですが、短いレールなんかを使って上手につなげてたということです。
多少無理はしているけれどよくやろうとしたなと感心です。

下に画像です。複線曲線レール。当然ですが内側と外側は長さが違います。

下の普通の曲線レールは実は複線曲線レールの内側の短い方と同じ長さです。

↑こんな感じですね。真ん中の左に1/4直線レールを使ってかろうじてつないでいます。

いいこともあるし心配も絶えぬ

今回はよしっ!ていうこともありましたけれど心配なこともたくさんあって、この手をバタバタすることだったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたりすることって治るんだろうか?
コレ自体は人になにか迷惑なことではないけれど、ものすごく気になる。

特に興奮しているとき、好きな電車が来たりとか、ご飯が美味しかったりとかするとそうなる。言葉で表せない代理の症状みたいなものなのかな。

小さい子だから可愛いような気もするけど大きくなるとどんなんなんだろうか。
言葉が遅いことは徐々に追いついてきていると思うけどやっぱりまだまだある。

言葉の発音が甘かったり、もう数えればきりがないです。
ちゃんと成長できていることが、それ自体が嬉しいことなんだなと思います。
定型発達と比べても本当にしょうがないし、なんにも得られん。

そういう不安も親の課題

2021年1月23日の毎日新聞のコラムでヤマザキマリさんが書いていた。
「~結構中略~そもそもあなたたちの親子関係は、せけんにさらし、世間に評価してもらうためにあるのではないですから」

このコラムはとある親子からの愛情があるないの相談に対しての回答なのでASDに置き換えることは変ですけれどこの世間という言葉を定型発達に置き換えてみると(というか勝手に自分で置き換えて読んでいた)妙にハマったのでちょっと紹介しました。

あまりにも他人と比べるし他人の目を意識する。これって親の課題ですね。

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。