自閉症スペクトラム(ASD)

おかあさんといっしょがちょっとつらい

こんにちは。自閉症スペクトラム(ASD)のわが子と暮らしています。

ここの年末年始休暇とか、緊急事態宣言で家にいることが増えてきています。そこで何が起こるのかというと教育テレビをよく見るようになります。

おかあさんといっしょも随分見てきているけれど、いつの間にか出ている子が先輩から、同級生、後輩となっています。

当初はこんなに大きくなるんだなと見ていた景色が今では、あ、ちょっとうちの子はできないかな・・・なんて思うことも多く複雑な気持ちですね。

結論としては比較する必要はまったくないのは事実です。ただ現状は普通の幼稚園にいって定型発達の子どもたちと一緒に過ごしているから他の子はこんなんなのかな・・・と思って見ています。

特に子供が1人で出るシーンがきつい

恒例の子供が一人ででて、お着替えするシーンがあります。ここできっちり年齢がでます。3歳6ヶ月とかしっかり出ます。これがいいのか悪いのかちょっとあれですが。

行動はさることながら、皆様ちゃんと喋るんだよね。本当にすごいことだと。

わが子も遅れながらではありますが、喋って意思疎通はできつつあるけれど受け答えのリズムが一定というか。落ち着いたやり取りはあまりできない感じです。

さ行がちょっと未熟な感じもまだあって、「さ」が「しゃ」になるし。

絵がうまいね(定型発達)

あとはお便りコーナーで出てくる絵が、また、えぐってくる。おかあさんといっしょは定型発達の家庭が見るぶんには穏やかで無害な番組だと思いますが、そうではない場合はその無邪気さが辛いこともしば芝と思います。

中でも絵は辛い。子供の絵ですのでまぁ優劣は無いでしょうが、なんの絵かというところまで基準を落とすと、大体わかってきますね。

ところがわが子も人の顔は割とちゃんと書けるようになってきた(人の顔かな・・と判別できるという意味で)けれどそれ以外はちょっときついかな。

比べてもしょうが無いのは分かっている

この通り発達が遅れているのはまぁ分かっていることだけれど、そこの差を見せつけられる(そんな気はないのでしょうが)とまだ受け入れられていない自分がいることに気づきます。

前の記事で書きましたけれどこの世界が我が家3人だけならいいのにはみたいなことを感じることもやっぱりあります。

この先はどうなるんだろうか。無理に定型発達に合わせるような育て方をしてはいけないのは分かっている。分かっているしそんなことは多分できないだろうな、体力的や精神的に。

理解を深めていくしかないよな

ここのところずっと思っているけれど愛より理解、ということです。放っておいても子供は育つなんて聞くけど、そんなことは絶対にないな。

最近は本を読むようにしている。本人はその気がなくてもこっちが声を出して読んでいるとこっちに来て見てくれることも多いから、こっちペースで読んでしまっている。

ちょっと難しい本でも、絵が好きなもの(例えば電車とか)だったら見てくれて聞いてくれる。

だいぶ前にもらった楽しいのりもの絵本は、すごく良くできていて楽しかったからおすすめします。開くと電車のマスコン(運転席のレバー)やハンドルがついていて、音楽とともに電車や車を走らせいる感じにもなります。更にマイクも付いていてなかなか本格的なアナウンスも自分でできます。一緒に遊べますし、子供一人でも遊べます。

 

ただずっとテレビやyoutubeは流石にと思いながらも本人が静かにしてくれればなんて甘やかしてしまう。結局自分主体でしか動いていないからそこをね。課題です。

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。