未分類

inBARプロテインSuper 高バランスのプロテインバー

森永製菓から発売されています「inBARプロテインSuper」。inBARプロテインシリーズでは最高のたんぱく質20g配合となっております。

パッケージもゴールドでただものではないということがわかりますね。価格もただものではなく198円(税別/希望小売価格)。通常のinBARプロテインよりも50円くらい高い設定ですね。

成分については以下の表のとおり。バランスよくパワーアップしている印象があります。トップバリューのプロテインバーシリアルチョコだとたんぱく質をアップさせると他に糖質がそれ以上に上がったりしていましたが、この㏌BARプロテインはそういう大きな乱れがなくパワーアップしています。

inBARプロテイン
スーパー
←増加率 inBARプロテイン
ベイクドチョコ
メーカー 森永製菓 森永製菓
容量(g) 54 123% 44
エネルギー(kcal) 271 128% 211
脂質(g) 14.7 134% 11
タンパク質(g) 20.9 131% 15.9
糖質(g) 13.1 115% 11.4
食物繊維(g) 2 125% 1.6
価格(円) 198 134% 148

総じていうと、たんぱく質量が高く良いバランスになっていてすごいなとという感想です。

もう少し価格が安ければいいですけれどこれはたんぱく質を取りたい人には十分に選択肢にも張るものだと思います。

たんぱく質は123gで1.3倍

たんぱく質が㏌BARプロテインスーパーと㏌BARプロテインベイクドチョコでは1.3倍になっています。ここがこの製品の一番の特徴ですね。

たんぱく質20gと大きく書いてあります。他のメーカもたんぱく質量を全面にだして性能をアピールしています。いまやたんぱく質は10g台から20g台へシフトしているような気がします。

そのほかの成分もたんぱく質の増加率と同じようにアップしております。また一方で糖質は1.1倍で抑えながら作っていることがわかりますね。

外観は板チョコな雰囲気

外観はトップバリューのプロテインバーシリアルチョコ(たんぱく質25g)と同じような板チョコのような外kなです。6分割可能になっております。こちらはシリアル感が表面にも出てきており、ザクザク感が予感されますね。

中身の写真

たんぱく質も20gを超えるとつくりが変わってくるのでしょうか?

トップバリューもそういう作り方をしていたのでそこに興味がありますね。

味はあんまりしない??

味については変な感想ですがあんまり無いという印象でした。薄いというか、もちろんチョコレートの親戚のような味はしますがそれもすくに消えます。

このプロテインバーでよくある、苦みや甘み、レーズン感のちょっと強めのえぐみみたいなものは一切ない不思議な味でした。

折ったときの写真

よく言えば癖がない味で、悪く言うとおいしいとかまずいとかの判断に迷う味というのか。

それでも食べやすさはあると思います。変な味ではないのでパクパク進んでいくのは事実です。

食感については予想通りのザクっとしており、大豆パフの口残り感はあります。これはどこも同じでしょうね。(ブルボンのプロテインバーはしっとりしていましたけど)

バランスに優れたプロテインバー

味はともかくですが、バランスがよい高たんぱく質なプロテインバーであると思います。森永製菓というところも安心ですしね。

ふと思うのは㏌BARプロテインベイクドチョコの成分そのままで大容量タイプはどうして出ないのかということです。そのままの量で大きくしてしまえば売れそうなものなんですけれど。

トップバリューのプロテインバーシリアルチョコでも同じことが言えます。たんぱく質が増えることによってその比率以上に糖質が増えたり脂質が増えたりするのが気になります。

製造上の都合なのか、絶妙なバランスの上に成り立っているものなのか。そのままの成分で大容量バージョンがあったらなと思います。

 

 

 

ABOUT ME
havefan35
ダイエットと軽い筋トレでシュッとすることを目指しています。